ここから本文です

ハリポタ「あの人」主演のファン映画!高クオリティーで予告編再生回数340万回超え

6/8(木) 21:20配信

シネマトゥデイ

 J・K・ローリングによる世界的大ヒット小説「ハリー・ポッター」シリーズに登場する「名前を言ってはいけないあの人」ことヴォルデモート卿の若き日を描くファン映画が制作されている。アメリカのWebメディアPolygonが制作に至る経緯について報じており、通常のファン映画のものとは思えないクオリティーの予告編は、公開から約1週間で340万回以上再生されている(7日22時時点)。

 ヴォルデモート卿(本名トム・マールヴォロ・リドル)は、青白い肌と不気味な顔、他を圧倒する強大な魔力から「名前を言ってはいけないあの人」として恐れられる闇の魔法使い。主人公ハリーと対峙する「闇の帝王」で、ダニエル・ラドクリフが主演した映画版では『ナイロビの蜂』などのレイフ・ファインズが演じていた。

 魔法界では名前を呼ばせないほど魔法使いたちを恐怖のどん底に突き落としていたヴォルデモート卿。しかし現実世界における人気は絶大で、2016年7月には映像制作会社 Tryangle Films がヴォルデモート卿主演の映画『ヴォルデモート:オリジンズ・オブ・エア(原題)/VOLDEMORT: Origins of the Heir』を制作するためにクラウドファンディングを開始。しかし、映画『ハリー・ポッター』シリーズを製作したワーナー・ブラザースからストップをかけられていた。

 企画倒れになるかと思われたこの「ヴォルデモート卿の単独主演作」だったが、今回のPolygonの報道によると、ワーナー・ブラザースは「非商業映画としてYouTubeで無料で公開すること」を条件に Tryangle Films によるファン映画製作を了承した。Tryangle Films のジャンマリア・ペザト監督がメガホンを取り、ハリーが登場する前の、「闇の帝王」誕生から最初の失脚までが描かれるという本作。現在絶賛撮影中で、年内の公開が予定されている。(編集部・海江田宗)

【6月22日追記】予告編の動画はすでに削除されています

最終更新:6/22(木) 16:34
シネマトゥデイ