ここから本文です

大島・森薗組「個人の能力を高めて、また金を目指したい」

6/8(木) 7:03配信

スポーツ報知

 卓球の世界選手権に出場した日本代表が7日、帰国した。男子ダブルス銀メダルの大島祐哉(23)=木下グループ=、森薗政崇(22)=明大=組は、個々の能力アップで2年後に金メダルを狙う。

 中国ペアに1―4で敗れて優勝を逃し、森薗は「コンビネーションは上だった。あとは個人の力の差」と分析。個人の世界ランクは大島が26位、森薗が62位。大島は「1点をどう取るか。個人の能力を高めて、また森薗と金を目指したい」と意気込んだ。

最終更新:6/8(木) 7:03
スポーツ報知