ここから本文です

Cygamesがサイバーエージェントと共同でアニメファンド組成を発表 ゲーム化展開を促進

6/8(木) 15:37配信

ファミ通.com

●アニメ投資を通して、アニメのゲーム化展開を強化
 Cygamesは、サイバーエージェントと共同でアニメIPへの投資を目的としたファンド“CA-Cygames アニメファンド”を2017年6月中に組成することを発表した。

 以下、リリースより。

----------

 ゲームの企画・開発・運営事業を展開するサイゲームス(以下サイゲームス、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊耕一)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 藤田晋)と共同で、アニメIPへの投資を目的としたファンド「CA-Cygames アニメファンド」を2017年6月中に組成することをお知らせいたします。

 「CA-Cygamesアニメファンド」は、アニメ領域におけるサイバーエージェントグループの事業拡充を目的として、アニメ製作委員会への出資を通し、アニメ作品のネット配信権、ゲーム化権の取得など、アニメIPへの投資に特化して組成するもので、ファンド総額は 30億円を予定しております。日本動画協会の「アニメ産業レポート
2016」によると、日本のアニメ産業市場は2015年実績で約1兆8,255億円におよび、前年比12%増、3年連続で拡大し続けるなど、今後も大きな成長が期待されています。このような市場背景のもと、サイゲームスでは本ファンドでのアニメ投資を通して、アニメのゲーム化展開を強化してまいります。

 サイゲームスは2011年5月の設立以来、『神撃のバハムート』や『グランブルーファンタジー』、『Shadowverse』など、ブラウザゲームやスマートフォン向けゲームにおいて多様なヒット作を輩出してまいりました。近年では、2015年3月のアニメ事業部設立を皮切りに、2016年4月にはアニメーション制作子会社株式会社CygamesPicturesを設立するなど、アニメ事業にも力を入れています。
 2015年に放送された第一作『神撃のバハムート GENESIS』に続き、現在放送中の第二作『神撃のバハムートVIRGIN SOUL』や、『グランブルーファンタジー』のアニメ版『GRANBLUE FANTASY The Animation』(株式会社アニプレックス/制作・株式会社 A-1 Pictures)など、継続的にアニメ作品を生み出しています。
 また、アニメ製作委員会への出資事業も展開しており、これまでに「ユーリ!!! on ICE」や、「この世界の片隅に」等TVアニメ・劇場アニメ作品への出資も積極的に行っています。世界からも注目度の高い日本のアニメIPのゲーム化展開などを積極的に行うことで、日本発の世界的なヒットタイトルを生み出すことを目指していきます。

 サイゲームスでは、「最高のコンテンツを作る会社」というミッションのもと、「CA-Cygamesアニメファンド」を通じ、アニメIPへの出資を行うほか、引き続き、オリジナルアニメ作品の製作も強化し、アニメコンテンツのさらなる拡充ならびに、アニメ業界の発展につながる取り組みを行ってまいります。

■当ファンドの概要
ファンド総額:30億円予定
ファンド組成日:2017年 6月 中 (予定)
主な投資対象:アニメIPへの出資(ゲーム化窓口権の取得)、オリジナルアニメ企画

最終更新:6/8(木) 15:37
ファミ通.com