ここから本文です

<プリンセス・プリンシパル>テレビアニメが7月スタート 追加キャストに沢城みゆき

6/9(金) 10:00配信

まんたんウェブ

 「.hack//Quantum」「ばからもん」などの橘正紀さんが監督、「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの大河内一楼さんがシリーズ構成、脚本を手がけるテレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」が、7月9日からTOKYO MXほかで放送されることが9日、分かった。女子高生のスパイの活躍を描くオリジナルアニメで、沢城みゆきさんが情報を整理、報告する分析官の7(セブン)を演じるほか、菅生隆之さんや山崎たくみさん、土師孝也さん、飯田友子さんが出演することも分かった。

【写真特集】美少女キャラが続々登場 先行カットや新キャラも

 「プリンセス・プリンシパル」は、19世紀末、巨大な壁で東西に分断されたアルビオン王国の首都ロンドンを舞台に、伝統と格式ある名門のクイーンズ・メイフェア校に在籍する5人の少女が女子高校生を隠れみのに、それぞれの能力を生かしスパイ活動を展開する……というストーリー。「キノの旅 -the Beautiful World-」などの黒星紅白さんがキャラクター原案を担当し、「天体のメソッド」などのStudio 3Hz、「ガールズ&パンツァー」などのアクタスが制作する。

 今村彩夏さんが芸術的な手腕をもつ天才スパイ・アンジェ、関根明良さんがアルビオン王国のプリンセス、影山灯さんがプリンセスのそばに付き添う貴族の少女・ベアトリス、大地葉さんがアンジェの相棒・ドロシー、古木のぞみさんが留学生の日本人・ちせをそれぞれ演じる。

最終更新:6/9(金) 10:00
まんたんウェブ