ここから本文です

ファンの仕業だな! 犬神家「両足だけ水面から突き出した変死体」のロケ地、いつの間にかGoogleマップに登録

6/8(木) 13:47配信

ねとらぼ

 映画「犬神家の一族」(1976年公開)に登場する、水面から人間の両足だけ突き出ている衝撃的なシーン。そのロケ地が、Googleマップに登録されていると話題になっています。「スケキヨ・アップサイドダウンフット・ポイント」って表現の仕方が斬新。

【例のシーン】

 「犬神家の一族」は、横溝正史による推理小説を原作とした映画作品。同小説は1954年から繰り返し映像化されていますが、その中でも印象的なのが真っ白なマスクで顔を隠した「犬神佐清(すけきよ)」ではないでしょうか。水面から両足が突き出た佐清の死体が登場する1976年版の映画では、そのインパクトの強さからパロディーに多用されており、「(実際に作品を)見たことはないけど、何となく知っている」という方も多いのでは?

 1976年版映画のロケ地として知られている青木湖(長野県)をGoogleマップで見ると、湖面上に「スケキヨ・アップサイドダウンフット・ポイント」という謎の名称が。誰かがいつの間にか、地図情報を登録するユーザー向けの機能を使って、作中であの変死体が登場した場所を登録していたようです。「スケキヨ・アップサイドダウンフット」は「犬神家の一族」に関連した場所であることを、冗談っぽく示した造語でしょうか。

 Googleマップでは以前にも同様の事例があり、堤真一さんが出演するテレビCM(アクサダイレクト)のロケ地が注目を集めたことも。また、この機能を悪用して大阪市内の駅名が、差別を助長する内容に書き換えられ問題になった例もあります。信頼できる情報と言うには不十分なものもあり、Googleでは都度対応しているようです。

最終更新:6/11(日) 19:24
ねとらぼ