ここから本文です

左肩脱臼の香川真司が離脱 吉田、酒井宏、山口も練習不参加

6/8(木) 11:24配信

デイリースポーツ

 日本サッカー協会は8日、日本代表MF香川真司(28)=ドルトムント=が負傷のためチームを離脱し、13日のW杯アジア最終予選イラク戦(テヘラン)に帯同しないことを発表した。追加招集は行わない。

 香川は7日の親善試合シリア戦(味スタ)の前半10分、相手選手と交錯し、左腕を地面に着いた際に左肩を負傷。腕を固定したまま担架に乗せられ、途中交代していた。試合後の精密検査の結果、左肩関節前方脱臼と診断されていた。

 香川は「残念かつ申し訳ない形でチームを離れますが、こればかりは仕方ないので、今は怪我を一日でも早く治すことに集中したいと思います。日本代表が勝つことを祈ることしかできませんが、勝利を信じて、戦ってきてほしいと思います」と協会を通じてコメントした。

 また、シリア戦から一夜明けたこの日の練習では、DF吉田麻也(28)=サウサンプトン=が腰の張り、酒井宏樹(27)=マルセイユ=は海外組合宿から抱える右膝痛、MF山口蛍(26)=C大阪=はシリア戦で負った右脛打撲で不参加となった。