ここから本文です

【動画あり】パークとゲームの連動も!? 宮本茂氏ら3人のキーマンから詳細が語られた、USJ“SUPER NINTENDO WORLD”建設着工式詳細リポート

6/8(木) 18:02配信

ファミ通.com

文・取材:編集部 世界三大三代川

●SUPER NINTENDO WORLDは、2層のエリア!
 既報の通り、2017年6月8日、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて、任天堂のキャラクターと、その世界観をテーマにしたエリア“SUPER NINTENDO WORLD”の建設着工式“「SUPER NINTENDO WORLD」Groundbreaking Ceremony”が開催。セレモニーの中で、『マリオカート』のライド・アトラクションが作られることが発表された。本記事では、動画を交え、セレモニーの流れや、セレモニー後に行われた質疑応答を余すところなくお届けする。

[関連記事]
・『マリオカート』がライドアトラクションとして登場決定! マリオ&宮本茂氏も登壇した、USJ“SUPER NINTENDO WORLD”建設着工式開催速報リポート

 まずは、SUPER NINTENDO WORLDの概要から。SUPER NINTENDO WORLDは、2層のエリアとして作られ、アトラクションのほか、レストラン、ショップエリアなども併設されるとのこと。気になる建設場所は、“ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター”の隣りで、現在は駐車場になっているところに作られるようだ。オープンは、2020年の東京オリンピック開催前。アトラクションは、前述の通り、ライド・アトラクションの『マリオカート』のほか、複数のアトラクションがあるようだが、任天堂のどのIP(知的財産)が使われるのかは不明。今後、随時発表されていくと思われる。

 ここからは、セレモニーの流れをリポートしよう。セレモニーは、マリオが土管から登場するところからスタート。まるで『スーパーマリオ』のゲームのように、クリボーを踏んだり、ブロックを壊したり、甲羅を蹴ったりするシーンの後、マリオがユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入り口にもある、ユニバーサルロゴの入った地球のモニュメントに到着(詳しくは下の動画をご覧ください!)。「Hello」と呼びかけると、マリオの帽子と手袋を身に着けた、任天堂株式会社 代表取締役クリエイティブフェローの宮本茂氏、株式会社ユー・エス・ジェイ 代表取締役CEOのジャン・ルイ・ボニエ氏、ユニバーサル・パークス&リゾーツ バイス・チェアマン兼ユニバーサル・クリエイティブ プレジデントのマーク・ウッドベリー氏が登場した。

 お三方の挨拶は、下記の通り。

・ジャン・ルイ・ボニエ氏
「我々USJにとって非常に重要なこのプロジェクトですが、投資額としては600億円を超えています。SUPER NINTENDO WORLDは、成功を収めているユニバーサル・ワンダーランド、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター、ミニオン・パークに続くエリアになります。また、この任天堂の世界観をテーマにしたエリアは2層からなるユニークな構造で、アトラクション、レストラン、ショップエリアとして、国内外から多くのお客様をお呼びできます。このプロジェクトを楽しみにしています」。

・マーク・ウッドベリー氏
「このような歴史的な日に、USJに来られてワクワクしています。3年くらい前に、任天堂とユニバーサルという世界的なエンターテインメント会社間において、画期的なパートナーシップを作ることができました。その3年のあいだに、天才的な宮本さんが率いる、任天堂のクリエイティブなチームと、我々ユニバーサルのクリエイティブチーム、および、ユニバーサル・パークス&リゾーツの皆がプロジェクトに関する対話を始めました。何よりワクワクするのは、任天堂の卓越したキャラクター、ストーリー、世界観を、世界の皆さんがこれまで見たことのない方法で再現できるということになります。そして、この“SUPER NINTENDO WORLD”の中心的な存在になる『マリオカート』。世界中のファンの皆さんが待望だった、この革新的なアトラクションを発表できることは非常にうれしいことです。この『マリオカート』は没入感に溢れ、革新的な技術を駆使したアトラクションになります。ファンの皆さん、ゲストの皆さんが、このエンターテインメントを非常に期待して待ってくださっていることをしっかり受け止めたいと思います」。

・宮本 茂氏
 「皆さん、おはようございます。安倍首相ではありません(笑)。ふだんからこんな帽子や手袋をしているわけではないので、誤解のないようにしてください(笑)。これ(手袋)をして気づいたんですけど、この状態だと指紋認証できないんですよね。マリオはとても不便なんだなーと改めて思いました(苦笑)。マークさんは、フロリダにあるユニバーサルのトップで、このチームの大勢の皆さんと、私を含めた任天堂のゲーム作りのスタッフ、キャラクターを作っているスタッフ、みんながいっしょになって、この3年間でここまでやっと積み上げてきました。パークの経験がある人たちの手で、任天堂の世界を造型で作り上げていくクリエイティブは本当にすばらしく、安心して見ていられます。さらに、エンターテインメントをやってきた会社どうしとして、いろいろな技術の交流ができて楽しくやらせてもらっています。フロリダのほうに行くとトレーラーがあって、その中にマリオ専用のチームがずらーっといまして、何度も訪れました。行くたびに、彼らの机のまわりにマリオグッズや任天堂グッズがあるのを見つけて。任天堂のキャラクターへの理解もとても深いですし、マリオ愛、任天堂愛を感じながら、言葉の壁を乗り越えて仕事をさせていただいています。こうして、任天堂のゲームが実在の物になっていって、ゲームに入ったような体験ができるということで、我々もいっぱいその中にネタを詰め込んできました。これがやっと形になっていきます。実際に任天堂のゲームの世界に入っているという没入感が味わえる瞬間を、僕らもいっしょに完成を楽しみにしていますので、皆さんもお楽しみにしてください」。

 お三方の挨拶の後は、再びマリオが登場。マリオおなじみの「Here We Go!」の掛け声とともに、舞台の中央に現れたハテナブロックを、ジャン・ルイ・ボニエ氏、マーク・ウッドベリー氏、宮本茂氏、そしてマリオがいっしょにジャンプのポーズで叩くと、花火とともに紙吹雪が一面に舞い散るという、非常に豪華な建設着工式となった(一連の流れは、下記の動画をぜひ!)。ちなみに、この紙吹雪は『スーパーマリオ』のコインやキノコ、スターで作られており、おみやげに持ち帰る人があちこちで見られた(もちろん、記者もいただいた)。

●テレビゲームとパークが連動する!?
 セレモニーの後は、ジャン・ルイ・ボニエ氏とマーク・ウッドベリー氏、そして、宮本茂氏への質疑応答が行われた。メディア各社から行われた質問を、余すところなくお届けする。

●ジャン・ルイ・ボニエ氏とマーク・ウッドベリー氏への質疑応答
Q 世界的に人気なマリオのエリアですが、国内外から多くのゲストが来ると思います。このエリアには、“ハリー・ポッター”で最初に導入されたような時間制限入場などを考えているのでしょうか。また、中国にもユニバーサル・スタジオを検討されていますが、ここにも任天堂のエリアの建設を考えていますか?

A SUPER NINTENDO WORLDはたいへん注目を浴びる場所になるでしょうから、いらっしゃるお客様はこれからさらに増えると考えています。新たに作るこのエリアは、エリアを広げることにつながるので、キャパシティの増強につながると思います。そのほかにも、ゲストがより快適にお過ごしいただけるような展開を行う予定です。アトラクション以外に、レストラン、物販などのインフラも整えていこうと思っていまして、それによって、さらに快適にお過ごしいただけるのではないでしょうか。いまの段階で、時間ごとの整理券を配布するかなどは決めていません。具体的にそういった調査を実施したのちにお答えさせていただきたいと思います。また、中国の任天堂エリアに関しては、いまのところは、お答えできません。

Q 『マリオカート』以外のアトラクションは、何種類くらいを想定しているのか。また、『スーパーマリオブラザーズ』のものや『ゼルダの伝説』のものなどはあるのでしょうか?

A SUPER NINTEND WORLDは我々も非常に興奮を覚えているもので、複数のアトラクションを計画しています。先ほどJ.L.ボニエが話していたように、飲食、物販、ショー、アトラクションといろいろ盛り込んでいく予定ですが、本日は建設着工式として、『マリオカート』を中心としたアナウンスとさせていただいております。そのほかのアトラクションの情報は、皆様、今後を楽しみにお待ちください。

Q SUPER NINTEND WORLDのターゲットと、『マリオカート』のアトラクションが既存のカートのアトラクションとどう違うかを教えてください。

A 我々として考えているターゲットは幅広く、あらゆるお客様にお越しいただけると思っています。その中でも、ご家族であったり、お子様、独身女性、海外のお客様も、多くお越しいただけるものだと思っています。『マリオカート』のアトラクションは、このパーク内にある“ハリー・ポッター”や“ミニオン”といったものと同じように、世界の中でも類を見ない独創性のあるものになる予定です。詳細については、改めて発表させていただきます。

Q USJは、“ハリー・ポッター”や“ミニオン”などの効果で、過去最高の入場者数を更新していますが、このSUPER NINTENDO WORLDへの投資で、どれくらいの入場者数を目指していきたいと考えていますか?

A 過去にも申し上げたことがあるかと思いますが、今後を含めて、数百万人の入場者数をアップできるのではないかと考えています。また、今後も引き続きUSJに投資をして、さらに多くのお客様にいらっしゃっていただきたいと思っています。また、それと同時に、パーク内の体験の価値を高めていきたいと思っています。それから、SUPER NINTENDO WORLDの場所もそうですが、敷地としては、まだまだ使える敷地があるので、それらを活用して、もっとより多くのキャパを作っていきたいと思います。

Q 今回、600億円を超える投資ということですが、これまで以上にどんなところに力を入れているのでしょうか。たとえば、これまで以上に原作の再現度を上げるといったことになるのでしょうか。

A 600億円超という金額は、アトラクション、レストラン、ショッピングなどを含めた、エリア全体の建設費用としてかかるものになっています。私から申し上げられるのは、とにかくスペクタクルなものができあがるということです。

 いままでUSJにおいて作ってきたいろいろなもの、またそれらを踏まえてどんなものがあるのか。いまの時点では、皆さんにイマジネーションを使って想像していただきたいと思います。また、今回は任天堂・宮本さんが率いるすばらしいグループ、ユニバーサルが自信を持つクリエイティブのグループ、この2社がうまくコラボレーションして作るので、新しいもの、革新的なもの、壮観なものになってくると思います。それらを皆さんに想像していただきたいと思います。

Q ハリーポッターやミニオンなどの大型施設があいつぎまして、使える土地がまだまだあるということですが、これだけ大型施設の建設が続くと、今後継続的に集客を狙うためには、既存の施設の入れ替えも考えるかと思いますが、そのあたりはどうお考えですか?

A いまはSUPER NINTENDO WORLDにフォーカスをしたいと思います。その後も、いろいろ考えているわけですが、長期的なビジョンを持って考えていきます。

●宮本茂氏への質疑応答
Q アトラクションに『マリオカート』を選んだ背景は?

A ユニバーサルの人たちが、新しいカートアトラクションを作りたいとお話されていたからですね。ライドものって流行り廃りがあると思いますが、僕らは初め、ユニバーサルの人たちが経験を持っているから、その持っている経験を活かして『マリオ』に置き換えることをやるのかと想像していたのですが、「いままで自分たちがやったことのない新しいものをやりたい」という情熱を持っていらっしゃって。それで、いろいろな試行錯誤をして、設定の最終段階に来たので、楽しみにしています。

Q 今回のNINTENDO SUPER WORLDは、任天堂の戦略においてどういう位置づけになるのか、また、この施設を作ることで、本業のゲーム機販売といったビジネスにどういった還元、効果があるとお考えですか?

A 最近は、いろいろな市場の変化があって。これまでは子どもたちが最初に触れるデジタル機器は、ゲーム機だったんですね。それが、だんだんとお父さんのお下がりのスマートフォンになったりといろいろな変化をする中で、だんだんと任天堂のゲームが若い人たちに届かなくなる心配をしてきました。そういう意味で、もっと幅広く、任天堂のゲームでキャラクターを知ってもらうのではなく、任天堂のキャラクターにもっと触れ合ってもらえる機会を広げようと考え、いろいろ試行錯誤しているときに、ユニバーサルのほうからお話をいただいたんです。こういったパーク事業は、任天堂が事業としてやるには何万人も雇う必要がありますから、これは協業することに意味があると思っています。任天堂の会社の運営規模を維持しながら、クオリティーを保ちながら、いろいろな場所に展開を広げていくというのは、ますます増えていくと思います。

Q いままでの任天堂はハード、ソフト一体の戦略を進めてきましたが、今回は新たなビジネスチャンスにつながると思います。今回の事業が、今後の任天堂の経営にどう寄与していくかという期待と、任天堂さんのキャラクターと、ユニバーサルとの親和性についてお教えください。

A ゲームを通じてキャラクターが広がるという時代はひと区切りがついたと思います。これまで、任天堂のキャラクターライセンスビジネスというのは、あくまでゲームに影響を与えない、つねにサブでやってきたのですが、いまはキャラクターIPビジネスをひとつの軸にしようと、別の部門ができて、そこで積極的にキャラクター活用をビジネスにしていくという構造になっています。ユニバーサルとの協業のよさ、メリットは、先ほどお話をしたような、開発のノウハウ、運営のノウハウをお持ちで、また我々に近い感覚やアメリカンな感覚を持っていること。それを世界中に展開するには最高の相棒だと思っています。

Q 今後、2020年の段階で、どんなプラットフォームが主流になっているかわかりませんが、パーク内のアトラクションと実際のゲームが連動するような計画というのはありますか?

A 2020年には、Nintendo Switchがもっと育っているのが理想だと思います。5年以上の寿命を持つハードをこれからも作っていきたいと思っていますので、まだまだSwitchのエリアかと思います。そのときに、たくさんの人がその機械を欲しいと思ってパークに持ってきてもらえるなら、いろいろな連動の可能性があるということで、これはパークの技術陣と任天堂の技術陣がいろいろと相談しながら進めさせていただいています。僕らもルーヴル美術館とか、公共のエリアで任天堂の通信やプラットフォームを使う技術を研究してきましたので、そのあたりを密にやり取りをしながら進めています。楽しみにしてください。

Q 任天堂の開発チームとユニバーサルのクリエイティブチームがいっしょになって、やり取りをされているということですが、具体的にどういったやり取りをされているのかをお聞きできますか?

A 具体的にと言いますと、直接会って、絵を描きながら話をする時間がすごく長いですね。オーランドから京都に来てもらったら、つぎの月にはこちらがオーランドに行ったりと、それくらい密なやり取りをして、ノウハウの共有というよりは、いっしょに考えています。僕らは1日に何人の人が体験できるかとか、そういった計算やハンドリングについては無頓着で。我々の商品としては売れたら、たくさんの人に遊んでいただけると考えるものですが、パークとしては1日のキャパシティを相談しながら、エンターテインメントとしての体験もできるし、大勢の人に楽しんでもらえるようにネタを絞り込んでいくわけです。ですから、その都度アイデアとデザインを考えるというやり取りをしています。いまはアメリカにキャラクターの監修をするグループが一部移動して、シアトルとオーランドで直接やり取りをすることもあります。

Q 今回は『マリオカート』が発表されましたが、マリオ以外のキャラクターで、活用を考えているものはあるのか。また、宮本さんの中でユニバーサル・スタジオでどんなものを実現したいと考えているのかを改めてお聞かせください。

A アトラクションというのは、僕が会社に入ったころから取り組みたいと思っていた事業のひとつだったので、入社したころから業績がちょっと上がったら「フロリダに行かせてくれ」と話をしていまして(笑)。ひょっとしたら、自分がそういう仕事を会社でするかもわからないというくらい興味を持っていました。アトラクションで実際に人が体験できるところで、どんなアイデアができるか、いろいろイメージを持っていたんですが、それが今度、ユニバーサルのプロの人たちと、我々のキャラクターがいっしょになることになったので、体験できるゲーム、ゲームのイメージがさらに広がる、それから家族でいっしょに体験できる、そのあたりを大事に作りたいと思っています。そのほかのキャラクターについては、今回はマリオ、マリオと言っていますが、今回のエリアの名前はSUPER NINTENDO WORLDなんですよね。どこにもSUPER MARIO WORLDとは書いていない。あとは、皆さんのご推察にお任せいたします(笑)。

Q ユニバーサルといっしょにやるということで、ここだけは崩したくないというこだわりの部分は?

A 基本的にさっきもお話をしたように、スタッフの方が熱狂的なマリオファンだったりして、僕らよりもよくご存じだったりするんです。そういう意味では、ものすごくキャラクターを大事に扱っていただいていますし、基本的に譲れないものはないですね。ただ、監修チームがありますので、そこで誤解がないようにしています。とはいえ、実際に人が乗る大きさのものを作ると意外と大きすぎることがあるので、そのあたりは現場に合わせた変更をしながら作っていますので、こだわりという意味では、パークにベストになるチューンアップをしたいということですね。

Q ユニバーサルの本場はアメリカだと思いますが、今回、3ヵ所の中で大阪を最初にする経緯、狙いは?

A これは、ユニバーサルさんが決めることで、世界中にいろいろな可能性があるということで、まずフロリダと話をスタートしたんですが、それがこういった展開になった経緯は、ユニバーサルさんにお聞きいただくのがいいと思います。僕は、ちょうど東京オリンピックに合わせて、いちばん早くオープンできるのはいいなと。あと、京都から近く、ひんぱんに施工を見られるというのは、とてもメリットを感じています。

Q テーマパークという構想は、会社として昔からあったのでしょうか? また、このテーマパークの実現を創業者の山内溥さん、前社長の岩田聡さんがご覧になったら、どう思うでしょうか。

A 山内はずいぶんと昔に、「京都に任天堂のパークを作ればいい」と言っていたくらい、エンターテインメントビジネス内で我々が投資の幅を広げていくことには熱心でしたので、ぜんぜん驚かずに、「やっとできたか」と思ってもらえると思います。このプロジェクトが3年前にスタートしたというお話をしましたが、アメリカからお話をいただいてスタートしたときにいちばんに話を聞いたのは岩田でして、岩田と私のふたりで「やってみよう」と決めたので、岩田もやっと形になって喜んでくれると思います。

Q 御社のキャラクターブランドは、ディズニー並など、どれくらいの規模に育てたいという想いはあるのでしょうか。

A それは、コツコツとやっていって大きなものになっていくので。いまのところ、任天堂のキャラクターを知ってもらっている人が世界中に広がり続けていますし。ただ、その中で、最近になってやっと、「任天堂って日本の会社でしたか」とか「マリオって日本のキャラクターだったんですか」と思い出してもらったり、日本の中でも「え、マリオって日本製だったんですか」という人もいるくらいですから。ゲームじゃないところでもマリオを体験してもらって、ますます認知を広げていきたいですね。地面の大きさには限りがありますが、お客さんの需要は限りがないと思うので、もっといろいろな展開ができると思います。

----------

 2015年5月の、任天堂とユニバーサル・パークス&リゾーツの提携発表から約2年(記事は→コチラ)。ついに、任天堂のゲームの世界観を使ったテーマパークが着工を開始した。建設着工式を取材して感じたことは、関係者はもちろん、報道陣も含め、皆、笑顔でいること。オープニングのマリオによるデモンストレーションの前に、報道陣向けにどういった内容が行われるか説明があったのだが、そこで「背景が動いて、ゲームのようにマリオがクリボーを踏みます」といった説明があるたびに、一部で「おー」といった声があがっていたのは印象深い(もちろん取材現場なので、そんな大きな声ではないのだが)。前述の通り、紙吹雪を拾っている人がいたりと、ゲームの世界が現実に飛び出す効果は、想像以上に大きく感じる。今回は『マリオカート』のみの発表だったが、“SUPER NINTENDO WORLD”という名前の通り、ほかにも任天堂の代表的なIPが、世界のアトラクションとして再現されるのだろう。これを機に、日本初のゲームがアトラクションとなって世界中に広がってほしい、取材中にそんなことをふと考えた。SUPER NINTENDO WORLDのオープンは、2020年。3年と考えるとちょっと長いが、そのあいだ、いろいろなゲームを遊んで待ちたいと思う。

最終更新:6/8(木) 18:02
ファミ通.com