ここから本文です

「伝説のすた丼屋」北海道初出店 名物メニューのほか限定メニューも /北海道

6/8(木) 18:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 札幌駅近くに大盛り料理が名物の「伝説のすた丼屋 札幌駅前店」(札幌市中央区北3西3、TEL 011-211-4320)が6月1日、オープンした。(札幌経済新聞)

札幌駅前店開店を記念した新メニュー「北海道すた丼」(980円)

 「すた丼」を看板メニューとし、全国展開する同店の北海道初進出となる。席数はカウンター19席、テーブル20席を。オープン当日は開店時間の30分以上前から行列ができ、その後も連日店頭に行列ができる状況が続いている。

 同店の人気メニューは、並盛りで茶わん約3杯分の白米の上に、創業より受け継がれている「秘伝のニンニクしょうゆだれ」を絡めた豚バラ肉をのせる「すた丼(みそ汁、生卵付)」(630円)。札幌店オープンを記念して全国の店舗で提供を始めた期間限定メニュー「北海道すた丼」(980円)は、北海道産豚肩ロースを特製の豚丼だれで味付けし、バターと白髪ネギを添えた一品となっている。そのほか、「すたみなカレー」「チャーハン」(以上680円)、「餃子(ギョーザ)セット」(900円)、「油そばセット」(980円)など、セットメニューも提供する。

 同店は東京都国立市でラーメン店として創業。賄いとして考案された「すた丼」が常連客の間でうわさとなり、メニューとして提供を始めた。その後、「すた丼」を主力商品とした「名物すた丼の店」が開店。2004年の早稲田店(現在は移転し高田馬場店として営業)出店を期に「伝説のすた丼屋」と屋号を改めた。

 同店店長の佐藤愼さんは「札幌の人に愛される店にしていきたい。『すた丼』はもちろん、伝統のたれなどメニューは店内で調理をしている。創業から45年以上受け継がれてきた味を札幌の人にも味わってほしい」と話す。

 営業時間は11時~24時。

みんなの経済新聞ネットワーク