ここから本文です

小出恵介 重大スキャンダルの損害賠償額は億単位に

6/8(木) 18:32配信

東スポWeb

 実力派俳優の小出恵介(33)が8日、未成年との飲酒・不適切な関係を認め「無期限活動停止処分」となったことで、NHK主演ドラマは放送中止に追い込まれ、7月クールの日本テレビ系ドラマは降板。出演CMも放送中止となった。直接の影響は不明ながら、小出の重大スキャンダルが明るみになった8日午後には所属事務所の株価も下落――その代償は計り知れない。

【写真】多くの作品に出演している実力派の小出恵介

 10日スタートだったNHKの主演ドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語~」(全6回)は放送中止となり、BSプレミアムで放送された「幕末グルメ ブシメシ!」に差し替えられた。これまでの撮影費や共演者のギャラなど莫大な損害賠償金が発生するが、NHK広報は当サイトの取材に「契約にのっとり、所属事務所と協議を行う」とした。

 出演予定だった7月16日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」も降板。クランクイン直前だったことから、代役を立て撮影を行う。

 榮倉奈々(29)、安田顕(43)のダブル主演で来春公開予定の映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」については、公開中止を含め、現在協議中。

 CM出演中だった森永乳業のコーヒー飲料ブランド「マウントレーニア」も契約を解除した。昨春から多部未華子(28)と兄妹設定で起用されてきたが、8日からCMの放映は打ち切られる。

 所属事務所「アミューズ」の株価も下落した。この日の終値は前日終値3120円から110円安の3010円。直接的な影響は不明ながら「小出活動休止」の一報がテレビで流れた午後2時台から株価は下落し、前日から3・53%も値を下げた。

「損害額が合計いくらになるか、事務所も見当がつかず顔面蒼白になっている。来春公開予定の映画はすでに撮り終えており、お蔵入りとなれば、テレビドラマやCMの違約金を含めて3億円以上の損害が発生する可能性もあります」(広告代理店関係者)

 一夜の過ちとはいえ、代償は大きすぎる…。

最終更新:6/8(木) 20:07
東スポWeb