ここから本文です

ジュード・ロウが狂気の暴君に、「キング・アーサー」特別映像

6/8(木) 17:00配信

映画ナタリー

6月17日に封切られる「キング・アーサー」より、ジュード・ロウ演じる暴君ヴォーティガンに焦点を当てた特別映像がYouTubeにて公開された。

【写真】「キング・アーサー」キャラクターポスター。ジュード・ロウ演じるヴォーティガン。(他13枚)

本作は、スラムで生活していた青年アーサーが王座への道を駆け上がっていくさまを描くアクションエンタテインメント。ヴォーティガンは、アーサーの父親でかつて国を治めていたユーサー王の弟。映像は巨象が迫り来る中、ユーサーが王冠を弟へ託し、聖剣エクスカリバーで立ち向かう場面から幕開け。しかし王冠を預かったヴォーティガンは王座の魅力に取り憑かれ、兄を手にかけてしまう。王冠に陶酔し、恐怖で王国を統一した暴君ヴォーティガンの狂気に満ちた表情を垣間見ることができる。

ロウは役を演じるにあたり「外から見たら見栄えはいいんだが、中身は腐敗しているんだ。そんな人物を演じるのはエキサイティングだ」と感じたことを明かし、監督を務めたガイ・リッチーは「ヴォーティガンを単なる悪人以上のものにしたいと思いました。ジュード・ロウは観客が観たいと思う、本当に複雑なひだを持つ悪人を演じてくれたのです」と絶賛のコメントを寄せている。

チャーリー・ハナムが主人公アーサーを演じた「キング・アーサー」は、全国にてロードショー。



(c)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:6/8(木) 17:00
映画ナタリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ