ここから本文です

小出恵介が未成年との飲酒と不適切な関係で無期限活動停止「お詫びしてもしきれない」

6/8(木) 14:23配信

デイリースポーツ

 NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」や映画「シン・ゴジラ」などに出演している人気俳優の小出恵介(33)が、未成年者との飲酒と不適切な関係により、無期限活動停止処分となったことが8日、所属事務所のアミューズから発表された。小出も「弁解の余地はございません」と、事実を認めている。

【写真】わずか10日前、笑顔で主演ドラマの会見も…「ギャラより高いフィルム代」

 アミューズがこの日午後、報道各社に送付した文書によれば、「明日発売の一部週刊誌の報道で、小出恵介に関する未成年との飲酒、交遊が報じられており」、アミューズが小出本人と関係各所に確認したところ、「報道にありました通り、未成年の方との飲酒及び不適切な関係を持ったことは事実と確認できました」という。

 アミューズは「事態の重さを鑑みて、小出恵介に関しては無期限活動停止とさせていただきます」と、処分を発表。10日スタート予定だったNHK総合の主演ドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語~」が放送中止になるなど影響が広がっているが、撮影済の出演作については「関係各所と協議させていただきます」と説明している。

 小出はこの日、謝罪文を発表。「何よりも相手の方のお気持ちを察するに、お詫びしてもしきれませんが、本当に申し訳ない気持ちで一杯です」と相手に謝罪し、関係者やファンにも謝罪。

 「ひとえに、私の社会人として、また表に出る人間としての自覚の低さ、自分自身への甘さが招いたことであり、弁解の余地はございません」と、未成年との飲酒と不適切な関係を認め、「今後は、全てのご批判や処罰を真摯に受け止め、私自身の取るべき責任を果たしていきたいと思います」と、全面的に責任を取る姿勢を示している。