ここから本文です

【北海道スプリントC】ニシケンモノノフが逃げ切りレコードV

6/8(木) 21:11配信

東スポWeb

 門別競馬場で8日に行われたJpnIII北海道スプリントカップ(ダート1200メートル)は1番人気のJRAニシケンモノノフ(牡6・庄野)が鮮やかな逃げ切りを決めて重賞4勝目(交流重賞3勝目)を挙げた。また、デビューの地での凱旋勝利は従来の古馬レコードを0秒2更新した。勝ち時計は1分09秒4(不良)。

 後続を寄せつけない会心Vに横山典は「前走(黒船賞=5着)はフェブラリーSの疲れが残っていたが、今回は返し馬から状態の良さを感じていました。スタートしてからはスピードの違いで僕はただ乗っかっているだけでした。故郷に錦を飾れましたし、秋のJBCスプリントに出走できればいいですね」と笑顔で答えた。

最終更新:6/8(木) 21:11
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ