ここから本文です

ディーン・フジオカに貫地谷しほり「さわやか」、萬田久子「だまされたい」とメロメロ

6/8(木) 22:25配信

東スポWeb

 映画「結婚」(6月24日公開)の完成披露試写会が8日、都内で行われ、主演のディーン・フジオカ(36)、貫地谷しほり(31)、萬田久子(59)、柊子(25)、中村映里子(28)、松本若菜(33)、安藤玉恵(40)、西谷真一監督(57)らが出席した。

 今作でディーンが演じるのは結婚詐欺師。抜群のルックスと知的な会話、におい立つ色気で次々に女性をだましていく物語だ。

 ディーンがステージに登場すると「きゃ~」と黄色い声の嵐。冒頭のあいさつで「犯罪者を演じることになり、どうしたものかと思いました。結婚詐欺は犯罪ですから!」とコメントして会場の笑いを誘った。司会者が女性客に「ディーンさんにならだまされたいですよね?」と問いかけると「だましてー!」という声まで飛び出した。

 共演した女優陣もメロメロだ。貫地谷によると、極寒の1月に行われた撮影中、ディーンがストーブをゆずってくれたことがあったという。これに貫地谷は「心遣いしてくれた。本当にさわやかすぎます」と絶賛。ディーンは「女性はナマ足ですからね。男は見えないところにカイロとか貼り放題ですけど」とさすがの紳士っぷりだ。

 また、萬田も「ディーンが詐欺師だったら、わかっていてもだまされ続けてあげようと思う」と、すっかりハートをわしづかみされているよう。

 ダメ押しはNHKドラマ「あさが来た」以来3度目のタッグを組んだ西谷監督だ。

「会うたびに成長している。一本筋が通っている役者です。今回の役も難易度が高かったが、見事クリアしてくれた」とべた褒め。この日の舞台あいさつは終始ディーン礼賛ムードだった。

最終更新:6/8(木) 22:25
東スポWeb