ここから本文です

国際武道大27年ぶり4強 頭蓋骨骨折から復帰の磯網V打

6/8(木) 15:20配信

デイリースポーツ

 「全日本大学野球選手権・準々決勝、国際武道大8-2九産大」(8日、神宮球場)

 国際武道大が終盤の集中打で突き放し、27年ぶりに準決勝に進んだ。

 同点で迎えた七回に、6番・磯網栄登内野手(2年・東海大相模)の左前適時打で勝ち越し。2点リードの八回にも5安打で4点を挙げた。

 先制打も放つなど3安打の活躍だった磯網は、昨年12月の練習中に打球を左側頭部に受け、頭蓋骨骨折と診断された。5月中旬に実戦復帰を果たしたばかりだった。

 「こんなに長引くとは思わなかった」とリハビリを振り返りながらも「フォームさえしっかりしていれば打てる」とキッパリ。「DHで打たないといけないところにいるので、打ててよかった」と、復帰から1カ月足らずの全国舞台で結果を出したことを喜んだ。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 8:10