ここから本文です

前面開口で“音ヌケ”がいい――4Kアクオス「US45」シリーズ

6/8(木) 18:52配信

ITmedia LifeStyle

 シャープは、液晶テレビ“AQUOS”の新製品として、4K対応のミドルレンジモデル「US45」シリーズ3機種を7月1日から順次発売する。価格はオープン。店頭想定価格は60V型が33万円前後、55V型が28万円前後、50V型は23万円前後。

「フロントオープンサウンドシステム」

 前面開口の「フロントオープンサウンドシステム」が特徴。オンキヨーと共同開発したバスレフ型のスピーカーボックスから音声を前方に導くリフレクター構造を採用し、開口率を高めるためにネットも省いた。「デザイン性と音ヌケのよいクリアなサウンドを両立させた」(同社)という。

 液晶パネルは低反射素材で映り込みを抑えた「N-Blackパネル」で、エッジ式のLEDバックライトと組み合わせた。また60V型の「LC-60US45」では色再現範囲を従来機比で約10%拡大する「リッチカラーテクノロジープロ」を搭載した。

 チューナーは3つ。USB外付けHDD(別売)を追加すれば、テレビを見ながら2つの裏番組を同時に録画できる。HDMI入力は4系統で、HDR信号入力にも対応している。

最終更新:6/8(木) 18:52
ITmedia LifeStyle