ここから本文です

中垣内監督が活動自粛からチーム合流 9日のトルコ戦から指揮

6/8(木) 16:24配信

デイリースポーツ

 バレーボール男子のワールドリーグ高崎大会(9日開幕・高崎アリーナ)を控えた8日、昨年11月に人身事故を起こし活動を自粛していた中垣内祐一監督(49)がチームに合流した。9日のトルコ戦から指揮をとる。

【写真】中垣内監督が謝罪「監督の任、まっとうしたい」

 同監督は1月に書類送検されていたが、検察処分が決定しないことから、5月11日の全日本チーム始動後も活動を自粛。元フランス代表監督のフィリップ・ブランコーチが監督代行を務めていた。

 チーム始動から1カ月遅れでの合流。腕を組みながら、静かに選手たちの動きを見守り、時折個別に声を掛けていた。

 以前の女性問題に続き、今回は人身事故とトラブル続きの同監督。「求心力を得られるかは今後の指導、結果次第。取り返していけるものと考えている」と話していたように、名誉挽回の戦いが始まる。