ここから本文です

14歳・藤井聡太四段のオリジナル扇子、数秒で完売

6/8(木) 11:14配信

スポーツ報知

 将棋の史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太四段(14)のオリジナル扇子のインターネット販売分が8日午前10時の販売開始後、わずか数秒で完売した。

 「神の子」初のグッズとなった「上扇子」(税込み2268円)は、自ら揮毫(きごう)した「大志」の二文字が印刷されたもので、300本製作された。デビュー後の23連勝を飾った7日に東京・将棋会館と大阪・関西将棋会館で発売され、ともに約40分で予定分が完売。8日にオンラインショップでも販売が開始されたが、スタートとほぼ同時に「秒殺」され、超人気ぶりを示した。販売本数は非公開。将棋連盟販売部では営業開始と同時に問い合わせの電話が鳴りやまず、職員が対応に追われている。

 藤井四段は7日の対局後に、自らの扇子について「拙い字ながらも自分が書いた字が扇子になって、とてもうれしかったです」と笑顔。「大志」を選んだ意味について「文字通りですが、上を目指してやっていきたいという気持ちを込めました。最終的にはタイトルを狙いたいですが、今は力を蓄える時期。それに専念したいです」と話していた。

 藤井四段は10日に行われる叡王戦予選で最大2局を指し、連勝すれば25連勝となり、歴代単独2位となる。

最終更新:6/8(木) 11:14
スポーツ報知