ここから本文です

田村正和「キャリアを終えるきっかけになるような企画を…」眠狂四郎復活に込めた思い

6/8(木) 11:13配信

スポーツ報知

 8日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)で、俳優の田村正和(73)のインタビューを放送。同局系ドラマスペシャル「眠狂四郎 The Final」(放送日未定)に主演した田村は「キャリアを終えるきっかけになるような企画を撮れればいいなと思っていた」と思いを語った。

 柴田錬三郎の豪剣小説「眠狂四郎」は幾度となく映画やテレビでシリーズ化され、田村は1972年~73年の連続ドラマで主演。フジテレビ系列の制作では半世紀ぶりに復活する。田村の父、坂東妻三郎が開設した京都・太秦の東映京都撮影所でこのほど撮影が行われた。田村は「特別どうってことはない。ただ年を取っただけ」としながらも、「この数年、キャリアを終えるきっかけになるような企画を撮れればいいなと思っていた」と告白。「年を取ったのはしょうがない。その中でも何とか若く、メイクアップさんにお願いしてシワを少なくしたりだとか。姿勢には気をつけないといけない」と役作りにも苦心したことを明かした。

 俳優として40本以上の映画と100作品以上のドラマに出演。今後については「現代劇にしても時代劇にしても十分やったなと思う」と完全燃焼を強調。時代劇再挑戦については「うーん、分かりません」と言葉を濁したが、「テレビドラマ以外にしたいことはない」とドラマへの熱意も口にした。

最終更新:6/8(木) 11:37
スポーツ報知