ここから本文です

岐阜経大 4強進出ならず プロ注目・浜口がリリーフで初登板

6/8(木) 17:53配信

デイリースポーツ

 「全日本大学野球選手権準々決勝、東海大北海道4-2岐阜経大」(8日、神宮球場)

 初出場の岐阜経済大が4強進出を逃した。最速152キロを誇るプロ注目・浜口雄大投手(4年・高知農)が、リリーフで今大会初登板。この日は最速150キロを掲示し、2回1安打無失点で2三振を奪う好投を見せたが、勝利にはつながらなかった。

 2年秋のリーグ戦でベンチ入りして以降、1試合の先発以外はリリーフで、今春は抑えを任された。この試合は3点ビハインドの五回から登板。「いつもとは違う状況で登板が回ってきたけど、1点も与えられないと思って投げた。いつもテレビで見ているマウンドで、気持ちよく投げられた。負けてしまったけど、自分のストレートは投げられたと思う」。スタンドで複数球団のスカウトが視察する中、堂々とした投球を見せた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(月) 4:10