ここから本文です

中尾彬“ねじねじ”卒業熱望「素で出たい…取ったら俺じゃなかった」

6/8(木) 14:28配信

スポーツ報知

 俳優・中尾彬(74)と池波志乃(62)夫妻が8日、NHK総合の生情報番組「ごごナマ」(月~金曜・後1時5分)に出演。中尾のトレードマークの“ねじねじ”マフラーの卒業願望を語った。

 2人は「ねじねじはもういい?」との質問に「YES」で回答。しかし、中尾は「こないだ暑くて取ったら、俺じゃなかった」と苦笑いした。

 “ねじねじ”のきっかけは、インドネシアのバリ島を訪れた際、飛行機が飛ばなかったこと。「染め物を買って、どうしたら良いんだろうな~とイライラ巻き」とスカーフをねじっていたところ、ほどけなくなったという。すると、それを見た俳優の神田正輝(66)が「中尾さん、それかっこいいですね」と一言。それ以降、気を良くした中尾は“ねじねじ”をするようになったそうで「正輝の一言が無かったらやってない」と語った。

 中尾は「どっかで止めて、素で出たいなというのがある。神社のこれ(鈴緒)みたいに見えるし」と、ねじねじからの卒業願望を告白。しかし「NHKの時代劇をやった時も(ねじねじを)やってくれと言われた。無いと駄目なんだ、俺は」とあきらめ顔だった。

最終更新:6/8(木) 14:28
スポーツ報知