ここから本文です

【西武】木村昇と支配下契約「1軍の勝利にひとつでも多く貢献したい」

6/8(木) 16:43配信

スポーツ報知

 西武は8日、育成の木村昇吾内野手(37)と支配下契約を結んだ。

 木村昇は西武移籍1年目の昨年6月に右膝前十字靱帯(じんたい)断裂の大けがを負い、オフに一度は戦力外通告。その後、育成契約を結んでリハビリに努めていた。内野の全ポジションをこなすユーティリティープレーヤーで、辻監督の目指すディフェンス重視の野球にもフィットすることから、球団では故障の回復を確認して支配下復帰を決めた。

 メットライフDで会見した木村昇は「サポートしてくれた人たちに感謝している。1軍の勝利にひとつでも多く貢献して恩返しをしたい。もっと試合に出たい、野球をしたいという思いをファンのみなさんの前で出せればいいと思う」と再スタートの意気込みを語った。

 背番号は「121」から昨年付けていた「0」に。年俸も昨年と同じ2000万円。さっそくこの日の巨人戦(メットライフD)から1軍出場登録された。

最終更新:6/8(木) 16:43
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 12:00