ここから本文です

ディーン・フジオカ 結婚は「誓い、約束、契約」プロポーズは「勢いで」

6/8(木) 21:22配信

デイリースポーツ

 俳優のディーン・フジオカ(36)が8日、都内で行われた主演映画「結婚」(24日公開)の完成披露試写会に出席し、自身のプロポーズについて語った。ディーンは台湾などで活躍してから日本でもブレークした逆輸入俳優。2012年にインドネシアの女性と結婚し、3人の子供もいる。劇中では結婚詐欺師の男を演じており、舞台あいさつでは自然と結婚についての話題になった。

【写真】ディーン様 目指すは「歌って踊れる系」

 プロポーズについて聞かれると「すごくシンプル。何も用意しないで、言わなきゃまずいなと思って、勢いで言いました」。具体的な文言は明かさなかったが、照れながら当時の心境を告白した。さらに、結婚そのものについては「誓い、約束、契約だと思うので、その誓い合った2人がNEXTレベルを目指して行くことだと思います」とスマートに答え、会場の女性たちをキュンとさせた。

 この日はだまされる女性を演じた女優の柊子(25)、中村映里子(28)、松本若菜(33)、過去の被害者役の安藤玉恵(40)、謎の支援者役の萬田久子(59)、妻役の貫地谷しほり(31)も登壇。ディーンは“被害者”のとなりで「結婚詐欺は犯罪です」とあいさつし、笑いを誘った。