ここから本文です

【新馬戦出走馬】3冠牝馬アパパネの2番子、ジナンボーがデビュー

6/9(金) 6:04配信

スポーツ報知

 今年も“12冠ベビー”の夢が走り出す。ディープインパクトを父に持ち、3冠牝馬アパパネの2番子となるジナンボー(牡2歳、美浦・堀厩舎)が、11日の東京5R(芝1800メートル)でデビューする。

 馬名の由来は、母の「次男坊」というストレートなもの。8日の追い切りは、美浦・Wコースで内オーロファイン(3歳未勝利)に1馬身先行して、53秒4―12秒8でリードを保ったまま1馬身先着。森助手は「まだ少し馬体、気性面は仕上がり途上で。良くなるのは先と思うが、現時点での力は出せる」と説明した。

 4月中旬に入厩し、坂路中心にじっくりと乗り込んできた。今週時点で465キロの黒鹿毛の馬体は、まだまだ今後の成長が見込める。“長男坊”の全兄モクレレ(3歳未勝利)も土曜東京6Rで骨折から復帰する。どちらの走りにも注目が集まる。(坂本 達洋)

最終更新:6/9(金) 6:04
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ