ここから本文です

亀田興毅氏、ネットで話題呼んだ素人とのボクシング企画「初めは断った」理由明かす

6/8(木) 22:53配信

スポーツ報知

 元プロボクシング世界3階級王者の亀田興毅氏(30)が8日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」(木曜・後10時)に出演し、5月7日に行われたインターネットTV「AbemaTV」の1周年記念企画「亀田興毅に勝ったら1000万円」への出演オファーを当初は断っていたことを明かした。

 亀田氏は、2000人を超える参加希望者の中から予選会で絞り込まれた4人の挑戦者と対戦。1人3分3ラウンドを戦い、興毅氏を倒した挑戦者は1000万円がもらえるという企画だった。

 亀田氏は「初めは(オファーを)断ったんですよ」という。その理由は「リスクしかない。万が一、ちょっとでも何かあったら(挑戦者が)『俺はあの亀田興毅、世界チャンピオンとええ勝負できた』というだけで『俺、誰々に勝てるかもわからん』という人間が出てくるかも知れない」ことを危惧したからという。

 しかし「客観的に見て面白い企画やな」と思い「ボクシングをもっと世に広めたいというのもあるから、これが一つの起爆剤になればいいなと思い引き受けた」ことを明かした。

 ただ素人相手とはいえ、現役引退から1年半のブランクは大きかった模様。トレーニングのために「まず朝走ることから始めたら、次の日は起きられなかった。全身筋肉痛で」と苦笑いしながら話していた。

最終更新:6/8(木) 22:53
スポーツ報知