ここから本文です

エド・シーラン、志願の初武道館 3年ぶり来日公演決定

6/8(木) 5:00配信

オリコン

 英シンガー・ソングライター、エド・シーラン(26)が今秋、3年3ヶ月ぶりとなる来日公演を行うことが決定した。

大阪城ホール&日本武道館2days決定

 世界的ヒットを記録している3rdアルバム『÷(ディバイド)』(3月発売)を引っさげ、ジャカルタ、シンガポール、クアラルンプール、ドバイなどを訪れるアジアツアーの一環で行われる来日公演は、10月25日に大阪城ホール、10月31日・11月1日に東京・日本武道館2daysの計3公演。シーランが日本武道館公演を行うのは単独では初で、本人たっての希望で実現するという。

 昨年1年間の休暇を取って世界中を旅していたシーランは、同年4月13日にエリック・クラプトン(72)が武道館公演を行ったとき、日本に滞在していた。当日急きょ1曲だけ演奏することが決まったが、クラプトンから「次の曲も演っていけよ」と言われ、結局3曲共演。この飛び入り出演を経験したシーランは、次回の自身の日本公演では「このステージに立ちたい」という思いを抱いたという。

 今回の3公演はシーランの来日公演としては最大規模となるが、母国のイギリスでは2015年7月に8万人収容のウェンブリー・スタジアム3daysを完売させるほどの人気ぶり。世界各国でもドームクラスの会場でコンサートを行っている。

最終更新:6/8(木) 18:01
オリコン