ここから本文です

カンテレ・新実アナ、キャスター役で『CRISIS』出演「身に余る光栄」

6/9(金) 16:00配信

オリコン

 関西テレビ・新実彰平アナウンサーが、13日に放送される同局・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(毎週火曜 後9:00)最終話に出演することがわかった。新実アナが演じるのは“本業”であるニュースキャスター役。最終話でも大きな意味を持つシーンでニュースを読み上げる。
 
 同ドラマは小栗旬演じる主人公・稲見朗や、田丸三郎(西島秀俊)ら個性的な公安機動捜査隊特捜班の活動を、直木賞作家の金城一紀氏が描いた骨太なアクションエンターテインメント。先の読めないスリル満点な展開と本格的なアクションシーンが話題を呼んでいたが、いよいよ物語も大詰めだ。

【場面カット】小栗旬と対峙する金子ノブアキ

 新実アナは「いつも通りにニュースを読むというシーンでしたが、『緊迫感」や『緊張感』を出すために表情をつけて読むことが難しかったです。ほんの数秒のシーンのために1時間近く費やしてしまいました」と苦労した様子。

 「どんな場面なのかはまだお伝えできませんが、それだけ重要なシーンなのだと感じています。『そんな場面を任せてもらっていいの?』と少し面食らいました」と苦笑しながら「ハラハラドキドキの連続の『CRISIS』、その一端を担わせていただけることは身に余る光栄です。皆さまのドキドキを損なわないよう、必死で頑張ったつもりです。ぜひご覧ください」と呼びかけている。

 なお、新実アナはメインキャスターを務める4月11日の夕方ニュース番組『みんなのニュース 報道ランナー』(月~金曜、午後4:47)で小栗と西島にインタビューを行っていたが、今回の出演を記念してその対談を再編集。期間限定で公開される。

■小栗旬・西島秀俊インタビュー動画
https://youtu.be/1tFhgPAaMsY

最終更新:6/9(金) 16:00
オリコン