ここから本文です

ミスチル桜井のカバーも話題に!乃木坂46の“隠れ名曲”5選

6/8(木) 7:10配信

dmenu映画

5月24日にリリースした3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』が各チャートで1位を獲得。これまでに発売した全アルバムがチャートの初登場1位を獲得するなど、アイドルシーンを牽引しているともいえる乃木坂46。

【画像】乃木坂46白石麻衣

今作には最新の「インフルエンサー」といったシングル曲に加え、“乃木坂46×セブンイレブンフェア”のCMソング「スカイダイビング」や、次世代のエースと目される齋藤飛鳥の初ソロ曲「硬い殻のように抱きしめたい」、三期生の歌う「思い出ファースト」などバラエティに富んだ新曲も収録している。

CDデビューからの約5年半で乃木坂46は、約140曲にも及ぶ楽曲を発表。その中には「君の名は希望」「ガールズルール」「サヨナラの意味」といったおなじみのシングル曲以外にも、佳曲や好曲が少なくない。今回はアルバム発売を機に、筆者がもっと幅広く知ってもらいたい5曲をセレクトしてみた。

今や大人気の斎藤にもアンダー時代が

まずは、3rdシングル「走れ!Bicycle」(2012年8月)収録の「せっかちなかたつむり」から。この曲は、キュートなポップ感が初期乃木坂46の初々しいイメージにピッタリ。ライヴでは、歌割りに合わせて観客が「超絶かわいいまいやん(白石麻衣の愛称)!」などと合いの手、いわゆるコールをすることでステージと客席の距離がグッと縮まる、盛り上がり必至の曲となっている。

2曲目は、齋藤がセンターを務めるアンダー曲「扇風機」。アンダーとは、シングルの表題曲を歌う選抜組に選ばれなかったメンバーのこと。「扇風機」は6th「ガールズルール」(2013年7月)に収録された楽曲で、斎藤が当時アンダー・メンバーだったことは、現在の人気ぶりから考えると信じられない。

この曲は、どこか懐かしい雰囲気を持ったレゲエ調のナンバー。「君」に対して芽生えた思いに、遠い夏の淡い気持ちを重ね合わせた歌は、心の奥にしまった甘酸っぱい思い出を呼び覚ます。

1/2ページ

最終更新:6/8(木) 7:10
dmenu映画