ここから本文です

豪華アーティストが集結!チャリティコンサート「One Love Manchester」の感動シーン5

6/8(木) 7:00配信

ELLEgirl

6月4日(現地時間)、マンチェスターでテロの犠牲者や被害者のためのチャリティコンサート「One Love Manchester」が開催された。赤十字を通してテロの犠牲者やその家族を支援する基金に寄付される収益は、約2億6000万ドル(約286億円)にのぼるそう。特別な一夜となったステージでアーティストたちが見せた感動シーンをお届け。

アリアナ・グランデが入院中のテロ被害者をサプライズお見舞い

オープニングを飾ったのはマーカス・マムフォード

コンサートのオープニングを務めたのは、「マムフォード・アンド・サンズ」のマーカス・マムフォード。悲しいことに前日の6月3日にもロンドンでテロが発生し、冒頭で黙祷を捧げてから、デビューアルバム『Sigh No More』に収録されている「Timshel」をギターの弾き語りで熱唱した。

ファレル・ウィリアムス&マイリー・サイラス

「この場所で事件は起きたけれど、僕は恐怖を感じることも聞くことも嗅ぐこともできない。今夜ここで感じることができるのは、愛と回復する力、そしてポジティブな姿勢だけだ」と語ったファレルはステージにマイリー・サイラスを呼び、2曲目の「Happy」をデュエット!

マイリー・サイラス

「この地球上でいちばん大切な責任は、お互いに気遣い合うこと」「ここにいると我が家のように感じる」と語りかけたマイリー・サイラスは、これからリリースする最新アルバムの収録曲「Inspired」を披露。

ナイル・ホーラン

「Slow Hands」を歌ったナイル・ホーランは「僕たちは君を愛している。君たちは僕たちとともにいる」と世界に向かって団結をアピール。「全世界がこれを見ている。この曲を君に捧げたい」と宣言して、「This Town」をパフォーマンスした。

アリアナ・グランデ&合唱団

マンチェスターにあるパーズ・ウッド高校の合唱団が見事なコーラスを奏でたアリアナ・グランデの「My Everything」は感動を呼んだ。

(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6/8(木) 12:44
ELLEgirl