ここから本文です

現代社会を生き抜く武器に! ミランダ・ホッブスの人生哲学集

6/8(木) 7:10配信

ELLE ONLINE

ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」でシンシア・ニクソンが演じた弁護士ミランダ・ホッブス。現実主義的で有能、恋愛に夢なんて見出そうとしないシニカルな彼女だけれど、実はサマンサ以上に奔放で貪欲! 恋も仕事も家庭も諦めない、ミランダの人生哲学を辛辣かつ爽快な名言とともにピックアップ。

【写真】「SATC」同窓会。キャストの元恋人たち21名はいま?

1.人の嫉妬は気にしない!

I want to enjoy my success, not apologize it.
私は自分の成功を喜びたいの。成功して謝りたいなんて思わない。

2.厄介な男性上司&同僚も上手に操ってみせる

I know how to please a man. You just give away most of your power.
男性を喜ばせる方法はわかってる。彼らに力を与えてあげればいいのよ。

3.世間の押し付ける“女性らしさ”も気にしない

I am never gonna be a girly girl. I never will.
私は絶対女の子っぽい女の子にはならないわ。

4.連絡レスな男のことは過去のものにする

It’s like those guys you have the great second date with, and then never heard from them again. I pretend they died.
素敵な2度目のデートができたと思ってるのに、連絡が途絶えちゃった男みたいなものよ。彼らは死んだと思うことにしているわ。

5.「元カレはソウルメイト」なんて甘い言葉を信じてはいけない

Soul mates only exist in the Hallmark aisle of Duane Reade Drugs.
ソウルメイトなんて、薬局に売ってる記念日用のカードの中にしかいないのよ。

(Text: Yoko Nagasaka)

最終更新:6/8(木) 7:10
ELLE ONLINE