ここから本文です

ヤマハ発が大型クルーザーバイクで世界初搭載した機能とは

6/8(木) 7:10配信

ニュースイッチ

電動で駐車支援の新車、北米に投入。日本での発売は?

 ヤマハ発動機は、排気量1900ccクラスの大型クルーザー「スターベンチャー」を、8月に北米市場に投入する。前後に電動駆動する駐車支援システムを市販車で世界初搭載。価格は約280万円、上位モデル「同TC」は約300万円。北米で年間2500台の販売を見込む。

 快適な長距離ツーリングを楽しみたいニーズにこたえ開発した新モデル。電子制御スロットル搭載の空冷Vツインエンジンを新開発。駐車時に時速約1キロメートルでモーター駆動する新技術により、大型モデルの取り回しの難しさを解消した。

 大型風防やトランクを備えるフルドレス仕様。地図情報のほかオーディオや電話の利用も可能な「インフォテイメントシステム」を同社初採用。オーディオは走行中の音響効果を重点に、楽器メーカーのヤマハと作り込んだ。

 ヤマハ発動機の現行ラインアップで最大排気量。北米2輪車市場の約半数を占めているクルーザーカテゴリーに新製品を投入し、ステップアップユーザーを取り込む。

最終更新:6/8(木) 10:19
ニュースイッチ