ここから本文です

犬のわんダフルおうえん隊、桶川市が2匹を任命 べに花まつりもPR

6/8(木) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県桶川市農業センター周辺(同市川田谷)で17、18日に開催する「第22回べに花まつり」をPRし、併せて動物愛護啓発活動を実施するため、市は犬のチップ君と茜ちゃんを「わんダフルおうえん隊」に任命。5日、同市役所で任命式が行われた。

 今年で4回目の「おうえん隊」に任命されたのは、雄で推定年齢4歳のチップ君と、雌で同年齢の茜ちゃん。いずれも雑種で、保健所に収容されていたところをNPO法人「日本動物生命尊重の会アリス」(東京都世田谷区)に引き取られ、現在は里親が見つかるまで世話をする預かりボランティアの元で暮らしている。

 2匹は、「おうえん隊」のユニホームを着て祭りの初日に登場。会場内を歩き回って祭りをPRしたり、里親への譲渡を行うブースで出迎えなどをするという。

 同会代表の金木洋子さんは「譲渡会や保護犬について知らない人がまだ多い。たくさんの人に足を運んでもらえたら」と願う。小野克典市長も「市は動物と共生できる社会の実現に向け、1匹でも多く殺処分から助けたいとの思いで続けてきた。譲渡の縁があればうれしい」と述べた。

最終更新:6/8(木) 10:30
埼玉新聞