ここから本文です

NASA、12人の宇宙飛行士候補を選定 8月からトレーニングへ

6/8(木) 9:00配信

sorae.jp

NASAは6月7日(現地時間)、新たに宇宙飛行士候補を12人選定し、発表しました。女性5人、男性7人の新たなクラスはさまざまな異なる経歴のメンバーが集っています。
 
ヒューストンのジョンソン宇宙センターで開催されたメディアイベントで発表された、今回の新宇宙飛行士候補。候補生は米空軍出身者から海洋研究エンジニア、さらにはスペースX社の前エンジニアなども登場しています。そしてイベントでは、米国副大統領のマイク・ペンス氏がスピーチを行いました。
 
今回選定された宇宙飛行士候補は、1万8300人の出願の中から選ばれた超エリート。肉体的な条件を満たし、さらに宇宙空間でのミッションに携わることができるだけの経験、あるいは教育的なバックグラウンドを備えています。
 
今後、彼らは2017年8月からスタートする2年間のトレーニングに参加することになります。その結果深宇宙探査プログラムにくわわるのか、ISSでの任務にくわわるのか……などが決定されるのです。

最終更新:6/8(木) 9:00
sorae.jp