ここから本文です

「ばっくれたら殺す」借金取り立て暴行 容疑で暴力団組員ら逮捕 千葉県警

6/8(木) 10:43配信

千葉日報オンライン

 借金の取り立てで男性を殴りけがをさせたとして、千葉県警捜査4課と東金署は7日、強盗致傷の疑いで指定暴力団神戸山口組系組員、坂田益雄容疑者(61)=千葉県内=ら男女5人を逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、自称会社員、米野良司(41)=習志野市、同会社経営、山田知弘(36)=千葉市花見川区、同飲食業、酒井賢斗(30)=東京都荒川区、同無職、中沢愛(23)=茨城県鹿嶋市=の4容疑者。

 逮捕容疑は共謀し、30代の飲食店従業員男性=千葉県内=が、坂田容疑者らから借りた金の返済を遅らせたことに因縁を付け、昨年10月20日午後2時半ごろから同5時50分ごろまでの間、男性方で、「お前、金を返さなかったらさらうぞ。ばっくれたら殺す」などと怒鳴りながら、鉛のようなものが入った革製グローブを手にはめて複数回殴って脅し、現金3万円とキャッシュカードなど3点(時価計2万円相当)を奪い、男性に加療約7日間の頭部打撲のけがを負わせた疑い。

 県警によると、5人は「知らない」などと容疑を否認している。

 県警は、ヤミ金行為が暴力団の資金源になっていたとみて調べている。