ここから本文です

筋弛緩剤2本盗難か 名寄市立病院 成人数人分の致死量

6/8(木) 10:17配信

北海道新聞

手術室内の鍵付き保冷庫で保管

 【名寄】7日午後3時5分ごろ、名寄市西7南8の名寄市立総合病院(和泉裕一院長)から、2階手術室の保冷庫に保管していた筋弛緩(しかん)剤「エスラックス」(5ミリリットル)2本が盗まれたと名寄署に通報があった。手術の全身麻酔導入時の静脈注射に使う薬剤で、成人数人分の致死量に当たる。同署は窃盗事件とみて調べている。

【動画】クリーニング工場から出火 石狩

 同署と市立病院によると、7日午前9時ごろ、手術室内で、 看護師 が薬剤の補充作業をしていたところ、エスラックス2本がなくなっていることに気付いた。市立病院は鍵の付いた保冷庫でエスラックス50本を保管し、1日3回点検を行っている。7日午前7時ごろの点検では異常はなかったという。

北海道新聞

最終更新:6/8(木) 10:17
北海道新聞