ここから本文です

ピッパ・ミドルトン、ハネムーンの宿泊先は200万円! そのインテリアは?

6/8(木) 21:50配信

ELLE ONLINE

シドニー、ダーウィンなどオーストラリアへの旅を満喫中の新婚カップルは、いったいどんなお部屋に泊まってる? スタイリッシュな豪華スイートルームの素敵すぎるインテリアをUS版『エル・デコ』からお届け。

俳優マーロン・ブランドが所有するヴィラに滞在

キャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトンと夫のジェームズ・マシューズは、ハネムーンで各都市を訪れ、想像し得る限り最高の旅をしているようだ。カップルは先週、俳優マーロン・ブランドが所有するフランス領ポリネシア島にある、ビーチ沿いのエクスクルーシブなヴィラに滞在した模様。

次のデスティネーションとして、マシューズの父が1万エーカーほどの土地を所有するというスコットランドのハイランドに向かうと報じられていたが、つい先日、ふたりはオーストラリアのシドニーにいるのが目撃されている。

シドニーで滞在したのは「パークハイアット・シドニー」のスイートルーム

新婚カップルは、水上タクシーに乗り「コテージポイント・イン」でのランチを楽しんだり、街のアイコンとなっている「シドニー・ハーバー・ブリッジ」を訪れたとのこと。ふたりはシドニーでの数日間を満喫したあと、オーストラリア北端部のダーウィンへと移動した。

英『デイリー・メール』紙によると、ふたりがシドニーで滞在したのは「パークハイアット・シドニー」の「オペラ・スイート」または「シドニー・スイート」だったようで、後者なら一泊のお値段は1万9000ドル(約200万円)にもなる。

過去にキム・カーダシアンとカニエ・ウエストも宿泊!

どちらのスイートも同様に豪華で、シドニー・オペラハウスや水辺、それに有名なブリッジを一望できる環境。ところどころにウッドがアクセントに使われたモダンなインテリアの部屋にはフルキッチンが付いており、24時間体制のバトラーサービスもあるという。また、それぞれの部屋について特筆すべきは、「オペラ・スイート」には6つのバルコニーがあり、「シドニー・スイート」には部屋にサウナ、スパタブ、暖炉、それにインドアとアウトドアにダイニングスペースが整備されている。

過去にキム・カーダシアンとカニエ・ウエストも宿泊した、155室の「パークハイアット・シドニー」には3種類のレストラン、屋上プールにテラス、スパもある。

ラグジュアリーなスイートルームの画像をスクロールして、セレブリティのライフスタイルを味わおう。

オペラ・スイートのリビング

シドニー・スイートのバスルーム

シドニー・スイートのベッドルーム

上空からの見下ろし

Translation & Text:Yo Douglas

最終更新:6/8(木) 21:50
ELLE ONLINE