ここから本文です

長崎くんち桟敷券 販売開始 ファン行列「本番楽しみ」

6/8(木) 10:16配信

長崎新聞

 諏訪神社(長崎市上西山町)の秋の大祭、長崎くんち(10月7~9日)の桟敷券の販売が7日、同神社で始まり、多くのくんちファンが雨の中、行列をつくった。

 発売したのは、10月7日午前7時と午後4時、同9日午前8時20分からの奉納踊りの桟敷券。

 この日、午前7時の販売開始前には220人が集まった。早い人は4日の夕方から待っていたという。ファンらは、同神社さじき運営委員会の事務所で引換券を受け取った後、席の位置を決める抽選に参加。お目当ての席を引き当てると声を上げて喜んでいた。

 7日午前の桟敷券を購入した長崎市下西山町の主婦、吉田真紀子さん(55)は「買えてほっとした。くんちが楽しみ」とほっとした表情。9日午前の桟敷券を購入した同市片淵3丁目、角川清永さん(75)は「帰省する娘たちと並んで見ることができるのはうれしい」と話した。

 桟敷券のうちS席は7日午前と午後、9日の全てで完売。残りの席は今月12日から販売し、電話予約やローソンチケットなども利用できる。問い合わせは同運営委(電095・821・8596)。お旅所や八坂神社など他の踊り場でも随時販売を始める。

長崎新聞社

最終更新:6/8(木) 10:16
長崎新聞