ここから本文です

巫女(みこ)が梅の実を収穫 杉並・阿佐ケ谷神明宮

6/8(木) 22:09配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 東京・杉並区の神社では梅の実の収穫作業が行われました。

 杉並区の阿佐ケ谷神明宮には、境内の菅原道真公を祭る社の脇などに梅の木があり、今年も大きく張りのある梅が実りました。梅の実が熟れる頃に雨が降ることから「梅の雨」と書いて「梅雨」と呼ばれるようになったといういわれの通り、梅雨入りが発表された翌日の8日は、時折小雨が降る中での収穫となりました。

 神社の話ではここ数年、バケツ3杯程度、およそ7キロほどの梅の実が採れていて、収穫した実は参拝客に分ける予定だということです。

最終更新:6/8(木) 22:09
TOKYO MX

Yahoo!ニュースからのお知らせ