ここから本文です

「あなそれ」東出昌大は「怖い」?「かわいい」?  視聴者の意見真っ二つ!

6/8(木) 17:30配信

トレンドニュース(GYAO)

3週連続で視聴率の自己最高を更新するなど、終盤にきてさらに注目度が上がっているTBS系ドラマ「あなたのことはそれほど」(毎週火曜22時~)。これまで猟奇的な演技で話題をさらってきた涼太役の東出昌大だが、その印象が視聴者の間で真っ二つに分かれだしている。

【無料配信中】「あなたのことはそれほど」最新話を配信中>>

■猟奇的な家庭内ストーカー役が話題に!

主人公・美都(波瑠)に不倫される夫・涼太の“普通じゃない”言動は、「あなたのことはそれほど」の大きな見どころの一つ。家庭内ストーカーのごとく暗闇で眼を大きく見開いて美都のスマホを覗(のぞ)き見し、闇深い表情で「ねぇ、みっちゃん! 幸せ?」と何度も愛を確認。1年目の結婚記念日に2人でレストランに行った第4話では、美都の不倫に気付いていると明かした上で、それでも一生愛し続ける事ができると宣言。そしてそれを「これがサプライズプレゼントです」と言い放った。このシーンには「怖すぎる~!!」「ここまでヤバイ人だと思わなかった!」と次々にSNS上で悲鳴があがった。

■少しずつ「かわいい」派のファンを獲得!

しかし、終盤を迎えて少しずつ風向きが変わってきている。東出昌大の猟奇的な演技は勢いを増すばかりなのだが、そのあまりにも美都にいちずな姿に「なんか可哀想に見えてきた」「美都が酷すぎる」と、涼太を哀れむ声が目立つようになってきたのだ。

そして6月6日放送の第8話、美都が涼太に書いておくよう頼んでおいた離婚届を確認するシーン。離婚届には「渡辺涼太」と記入されているはずが、部首の“さんずい”のみしか書かれていない。その理由を美都が尋ねると、涼太は「あぁ、さんずい書いたところで手がつっちゃって」と、あり得ないうそと爽やかな笑顔でごまかしたのだ。このシーンで「かわいい!」「これは離婚しなくていいでしょ!」と、一気に涼太かわいい派のファンを獲得した。

翌朝、美都が新しく渡しておいた離婚届けを見ると、今度は「渡辺」の辺の部分に“しんにょう”がない。その後も、「渡辺涼太」の「太」を「犬」と書いてしまう。その後も、思い詰めた表情で「渡辺涼『大』」という字とにらめっこし、あと“点”を足せば「太」になるところを、思い余って“一”を足して「天」にするなど、おちゃめなシーンが続きかわいい派のファンを増やしていく。高身長のイケメン、キレイで広いマンションに住む財力、おまけに料理上手で掃除までこなす涼太だけに、少しくらい怖い一面があっても、許してしまうという女性は多いのかもしれない。

■それでも怖い派

だが、この一連の行為に対して「離婚かどうかの時にこれをされたら恐怖を感じる」というファンも少なくない。あれだけ怖い面を見せられたら、今さら“かわいい人”には見えないのだ。

涼太が怖いと感じさせる大きな原因の一つは、正体が知れない所にある。なんの罪悪感もなく不倫をするうえ家事もほとんどしない美都と、そこまでして離婚したくないという気持ちは、やはり理解しがたい。人間、理解不能な物が一番怖いのだ。

誰を応援したいのか、誰が一番悪いのか、見る人によって意見が分かれる「あなたのことはそれほど」は、映像配信サービス「GYAO!」でも無料配信中。

(文/沢野奈津夫@HEW)