ここから本文です

“大人の落語”が話題 大人の男女の噺とは

6/8(木) 14:00配信

AbemaTIMES

(c)AbemaTV

 舞台装置も何もないところに、演者の言葉と観客の想像力で噺の世界を描く“落語”が今、人気となっている。しかし、まだ寄席に行くには少し抵抗がある人も少なくない。

 最近になって古典芸能が見直されており、海外でも人気が高い。今年で芸歴50周年となる落語家の柳家さん喬は、落語の楽しみ方について、全員が同じことを感じる必要はなく、それぞれが自分の世界、自分の思考、そして自分の生活の中で共感することで笑うものだという。
 
 『大人の落語』という本も出版している柳家さん喬は男女の噺を多くを語っている。「落語に出てくる男女は、恋愛もあり、喧嘩もあり、憎しみもあり、また嫉妬もあり、俗にいう一般社会の男と女が非常に多く扱われています」と話す。
 
 古さの中にも新しさがある“深み”のある楽しみが魅力のおよそ400年続く噺の芸。自分の世界にあった、自分好みの噺を探しに寄席に出掛けてみてはいかがだろうか。

(AbemaTV/One Munite Newsより)

最終更新:6/8(木) 16:41
AbemaTIMES