ここから本文です

レーザマックス、ヤマザキマザックDDL加工機を名古屋に世界初導入

6/8(木) 11:51配信

日刊産業新聞

 レーザマックス(本社=岡山市、近藤正一社長)はこのほど、最新のレーザー技術であるダイレクト・ダイオード・レーザー(DDL)を採用したヤマザキマザックの新型レーザー加工機1基を名古屋工場(愛知県春日井市)に世界で初めて導入した。板厚、素材など加工範囲の拡大と生産能力の増強を図るとともに、他社に先駆けて最先端設備を導入することでノウハウの蓄積などを進めたい考えだ。投資額は付帯設備などを含め約1億1000万円。

最終更新:6/8(木) 11:51
日刊産業新聞