ここから本文です

「彼氏とデートなう。」に見るツイートをバズらせるコツとは?

6/8(木) 12:30配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組、6月7日(水)の生放送では、声優の山寺宏一さんのツイートで話題となっている「彼氏とデートなう。に使っていいよ」ブームについて、ITジャーナリストの三上洋さんに話を伺いました。

「高橋みなみです。彼氏とデートなう」
そんな爆弾(?)発言からスタートしたこの日のテーマは現在Twitterで盛り上がりを見せている「彼氏とデートなう。に使っていいよ」のネタツイート。声優の緒方恵美さんや秋田のご当地ヒーロー、超神ネイガーさんをはじめ、企業アカウントなどもこのブームに参加。橋本環奈さんがアップしたツイートは(原稿執筆時点で)40万いいねを突破しています。このブームについて、元ネタや流行った理由に迫りました。

「今回のブームの発信は山寺さんです。ラジオ番組の中でやらされたもので、『彼氏とデートなう。に使っていいよ』のツイートとともに、窓に手をかけて振り向く山寺さんの写真がアップされています。やらされてる感が面白いですよね。それが元となり『彼女とデートなう。に使ってもいいよ』など大きな広がりを見せました。ただ、元を正せば山寺さんじゃないんですよ」と話す三上さん。

さらに、「元はアイドルグループ、ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)の鹿目凛さん。この方が2017年2月にTwitterで“『彼女と焼肉なう!』って使っていいよ!!!!”と焼肉を食べている写真を上げたんですよ。それからアイドルの方たちの中でブームになったんです」と経緯を解説。

三上さんによると、ファンの間ではアイドルとご飯を食べている気分になれると好評で、アイドルからも単なる自撮りとはまた違う面白さがある写真として人気を集めたそうです。

「鹿目さんに取材もしたんですが、どうやったらいいねが増えるか、フォロワーが増えるか考えていて突然思いついたのがこのフレーズだったそうです。鹿目さんはこのツイートで200人ほどフォロワーが増えたようです」とのこと。

こうしたブームを起こすためにはツッコミどころをつくるところが重要だという三上さん。
「今回の山寺さんの場合は演じているキャラクターも多いので、『加持リョウジとデートなう。』や『チーズと散歩なう。』といった派生も生まれました。写真の本人がきょとんとしているのもいいですね。自由に味付けできて、ツッコミを入れたりしてブームになるんです。最近だと、『官房長官 隠岐諸島から約300キロの日本海に落下か』というニュースの見出しが元になり、日本海に落下する菅官房長官のコラージュ画像も登場しました」

たかみなは「なるほど~。(『彼氏とデートなう。』)本当に色んな方がやってるんですよ。SNSはブームが一瞬で広がるのが面白い!」と目を輝かせていました。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2017年6月7日放送より)

最終更新:6/8(木) 12:30
TOKYO FM+