ここから本文です

交流戦未勝利ヤクルトをホークスが“一気飲み”3回に一挙6点、4回に柳田弾も

6/8(木) 20:02配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ヤクルト(8日・ヤフオクドーム)

 史上初の交流戦3年連続最高勝率を狙うソフトバンクが、ここまで交流戦白星なしと元気のないヤクルトを“一気飲み”した。プロ初登板の新人サウスポー中尾から、初回に柳田が先制犠飛。さらに3回1死二塁から柳田が自己最長を更新中の連続試合安打を20に伸ばす適時打を放ち、7日まで本塁打リーグトップのデスパイネが「打線のつながりもいいし、自分で切りたくなかった」と振り返る17号2ランだ。その後も3本の長短打に相手エラーが絡むなどして、この回打者10人で6点を奪う猛攻を見せた。ソフトバンクの今季1イニング6得点は交流戦の初戦、5月30日の中日戦の初回以来で2度目となった。

【写真】柳田と石川、また「モノノフ」コンビでお立ち台

 柳田は4回にもバックスクリーン右に2戦連発となる14号ソロを放った。

西日本スポーツ

最終更新:6/8(木) 20:02
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 22:20

Yahoo!ニュースからのお知らせ