ここから本文です

複雑すぎて迷子続出、ドライバー泣かせの新高速ICが話題 中国

6/8(木) 15:24配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【6月8日 AFP】中国・重慶(Chongqing)市の郊外に先週完成したばかりのインターチェンジが、複雑すぎる構造のためドライバー泣かせの難関と化していると話題を呼んでいる。

 8年をかけて建設された黄桷湾(Huangjuewan)立体交差橋は、5層構造で、最も高所の道路は地上37メートルにもなる。連絡路 (ランプ)への分岐点は15か所もあり、そこから上下それぞれ8方向に道路が延びている。

 重慶市の開発整備局担当者は、国営新華社(Xinhua)通信の取材に、市中心部と空港や各高速道路を結ぶためには複雑な構造にせざるを得なかったと説明した。

 しかし、まるで皿に盛られたスパゲティを思わせるコンクリート製の迷路の中で迷子になるドライバーが続出し、インターネット上で炎上。中国版ツイッター(Twitter)の「新浪微博(Sina Weibo)」には、「分岐を1つ通り過ぎてしまったら、重慶に着くのは翌日だ」との忠告や、「カーナビが『好きなところへ行ってくれ、自分にはかまうな!』って言ったぞ」という冗談が投稿された。

 中には「黄桷湾、8方向×5層の伝説の橋。だが、カーナビなしで迷うことなく攻略してやった」と得意げに投稿したユーザーもいた。(c)AFPBB News

最終更新:6/8(木) 15:56
AFPBB News