ここから本文です

錦織 王者マレー本気にさせる、勝敗分けた第2・第3セット<男子テニス>

6/8(木) 11:03配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は7日、男子シングルス準々決勝が行われ、第8シードの錦織圭は6-2, 1-6, 6-7 (0-7), 1-6の逆転で敗れて初のベスト4進出とはならなかったが、第1シードで世界ランク1位のA・マレー(英国)を本気にさせるプレーを披露した。

【マレーvsワウリンカ 1ポイント速報】

「特に1セット目の内容は悪くなかった」と試合後の会見で口にした錦織は序盤、王者マレーに対して果敢に攻め続け、10本のウィナーを叩きつけて第1セットを先取した。

そして、第2セットの第3ゲームが鍵となった。マレーはサービスを打つ際に太陽とボールの位置が被ることを気にし、タイムバイオレーションを取られるなど苛立を見せていた。しかし、このゲームをサービスキープすると「レッツゴー!」と叫び、息を吹き返した。

続く第4ゲームで錦織はスマッシュミス、さらにダブルフォルトを犯してブレークを許すと、完全に王者をよみがえらせてしまった。

その後もマレーのサービスの精度は上がり、ストロークでは深い配球で錦織を苦しめた。

第3セットは一進一退の攻防が続き、タイブレークへ突入。だが、錦織は1ポイント目でフォアハンドを大きくアウトさせるとマレーに主導権を握られ、セットカウント1-2と逆転される。

「自分の方がいっぱいいっぱいで追いついたので、余裕の面ではあっち(マレー)に集中力はあったと思う。タイブレークへの持って行き方もあまり良くなかった。簡単なミスが続いてからネガティブになり始めた。プレッシャーもありましたし、自分の集中力が欠けていたのが原因」

第4セット、錦織はマレーに3度のブレークを許し、2時間39分の激闘に終止符が打たれた。

昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)準々決勝では錦織が死闘の末に勝利を手にしたが、この日は「クレーで彼(マレー)に勝つのは、ハードとは違った難しさがあった」と赤土での戦いを痛感。

続けて「しなければいけないプレーをしなくなった。彼の球も深くなり、浅いボールは叩かれ始めた。それで焦りが出てきたのはある。自分が無理してしまったのはあるかもしれない」とコメント。

敗北を喫した錦織だが、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)で右手首を負傷。怪我を不安視される中、今大会の前週にはバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)に急遽出場する決断を下した。

迎えた今大会は3・4回戦で苦しい状況から勝利し、2年ぶり2度目の8強入りを果たした。

体調面について、錦織は「今日は意外と戻ってきていた。2日前のF・ベルダスコ(スペイン)戦が1番きつかったです」と話し「この2週間の中で戦いながら回復することも出来ているので、強くなっている証拠だと思う。身体が強くなっているのは感じています」と手応えを得ていた。

「ポジティブなこともあった。クレーシーズンでいい準備が出来なくて結果が出ていない中、またいいプレーが戻ってきた」

一方、4年連続のベスト4進出を果たしたマレーは、準決勝で第3シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦する。ワウリンカは、準々決勝で第7シードのM・チリッチ(クロアチア)をストレートで下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:6/8(木) 11:03
tennis365.net