ここから本文です

大久保佳代子、佐藤栞里を絶賛「“われが、われが!感”がない」

6/8(木) 12:00配信

AbemaTIMES

 芸能界に入ったからには野心を持ってビッグになりたいものだが、女性タレントのNG行動第1位が「野心を見せる」ことだと語るのがオアシズ・大久保佳代子だ。一体なぜなのか。次世代を背負って立つ若手美女たちに教えるバラエティ『TVじゃ教えてくれない業界裏教科書』で、生徒役の、NGT48・北原里英、女優・山地まり、タレント・青山めぐ、そしてモデルで『テラスハウス』(フジテレビ系)にも出演したNikiの4名にその理由を語るとともに、今一番野心を見せずとも仕事をガッポガッポ獲得する女性芸能人の名前を明かした。

「もちろん芸能界に入ってくるぐらいなので、皆野心はあるとは思いますが、それが表に出過ぎちゃってるんです。ガツガツしているんですよ。人が喋ってるのに入ってきちゃったりして、番組のルールを犯すんです。野心は見せない方がいいかな、と思います。大きな番組に出た時、『今日は勝負しなくちゃ』みたいなのがあるのは分かります。自分が喋る時間が来るのを待っている時間はしんどいです。でも、そこでガツガツしない。ただし、聞かれた時はヒットは打たなくてはいけない。それが一番できているのが佐藤栞里ちゃんです。

 マイペースで、ニコニコしてMCの脇にいて、番組やってるのはすごいですよ。本心は分からないけど、一緒にやる時、嫌みな感じがないんですよね。“われが、われが!感”がない。『どう?』と聞くと『大久保さんみたいなご年配の方には…』と笑顔で失礼なことを言う。『なんてこというのよ!』と返すことで成立させるんです。振られて喋っているだけなのに、ヒットを打ってるから今の仕事量に繋がっているんです。ただ、佐藤栞里ちゃんには誰もなれないかもね……」

 そして、番組では、大久保に対して様々な質問が飛んだが、面白い話をするために意識的に何をしているのか、という質問に対しては出不精であることは認めつつも、駅などで面白い人を見たらメモをするぐらいの努力は怠っていないという。色々な場所へ行き、ハプニングを作ることが重要なようだ。

 また、芸能界で友達が多いかどうかを聞かれ、「気付いたら少ない」と述べ、いとうあさこ、たんぽぽ川村、森三中・黒沢かずこの3人しかいないようだ。ただし、色々な分野の人と喋ることはネタになるので、一般人も含め、友達はいるにこしたことはない。あとは、出演する番組で、知り合いがいるとメンタル的にラクになるため、友人が多い方がラクな面はあるという。そして、大久保が女性に支持される理由は「顔が中の下の下だからだと思います。変な顔してますもん」と結論づけていた。

(AbemaTV/『TVじゃ教えてくれない業界裏教科書』より)

最終更新:6/8(木) 12:00
AbemaTIMES