ここから本文です

18年4月合併へ協定 いわきの小川、川前の2商工会

6/8(木) 11:08配信

福島民友新聞

 いわき市の小川町商工会(草野充宏会長)と川前町商工会(本田正吉会長)は7日、来年4月の合併を目指し基本協定書を取り交わした。

 川前町商工会は、過疎化に伴う事業者の高齢化や後継者不足による廃業などで会員が減少し、小川町商工会との合併準備を進めてきた。両商工会とも5月の総会で合併について承認され、川前町商工会は合併に伴い解散する。

 調印式では、草野会長と本田会長が基本協定書に署名した。草野会長は「小さな地域同士だが魅力は多く、県や市に向けて発信していきたい」とあいさつ。本田会長は「人口減少の中で、3年ほど前から相談してきた。今後もまちづくりを考えていく」と述べた。

 引き続き、合併推進協議会の初会合が開かれ、両商工会の正副会長ら委員7人が今後のスケジュールなどを話し合った。

福島民友新聞

最終更新:6/8(木) 11:08
福島民友新聞