ここから本文です

巨人、西武に13失点大敗…球団ワースト更新の泥沼13連敗

6/8(木) 20:33配信

Full-Count

ドラ4位ルーキー池田が3回途中7失点と炎上

 巨人が8日の敵地西武戦で2-13と大敗し、球団ワーストを更新する13連敗を喫した。この日はドラフト4位ルーキー池田駿投手を先発マウンドに送ったが、3回途中7失点と炎上。救援陣も失点を重ねると、打線も2得点にとどまった。 

 前日の試合で球団ワーストとなる12連敗を喫した巨人はこの日も悪い流れを止められなかった。初回、池田が栗山のタイムリーで先制点を許すと、3回には1死満塁からタイムリー内野安打2本で2点を失い、さらに外崎に満塁弾を被弾。この時点でKOとなった。 

 2番手の江柄子も4回にルーキー源田にプロ1号2ランを被弾。さらに5回には金子侑に3ランを浴び、0-12とリードを広げられた。6回に阿部のタイムリーなどで2点を返したものの、その裏、3番手・桜井がメヒアの犠飛でさらに1点を失った。 

 巨人はその後、反撃できずに敗戦。長いトンネルを抜け出せず、泥沼の13連敗となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/8(木) 20:33
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 1:40