ここから本文です

都城、三股に新遮断機 九州初

6/8(木) 10:58配信

宮崎日日新聞

 県は線路下などを通る道路(アンダーパス)が冠水した際、自動的に通行を規制する「エアー遮断機」を、九州で初めて都城市、三股町に設置し、7日から運用を始めた。一定の水深に達すると膨らみ、道路を封鎖。ゲリラ豪雨などの際、ドライバーに迅速に危険を知らせる。同日は現場で訓練もあった。

宮崎日日新聞

最終更新:6/8(木) 10:58
宮崎日日新聞