ここから本文です

NY株 3営業日ぶり反発

6/8(木) 11:56配信

ホウドウキョク

7日のニューヨーク株式市場は、3営業日ぶりに反発して取引を終えた。
7日は、FBI(連邦捜査局)のコミー前長官が8日に行う議会証言の内容が公開されたが、トランプ政権の打撃になるような新たな情報はなく、政治の不透明感が後退したと受け止められ、安心感が広がった。
しかし、原油先物相場の急落で石油株が下落したことなどもあり、相場全体の上げ幅は限定的だった。
結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値に比べて、37ドル46セント高い、2万1,173ドル69セントで取引を終えた。
また、ナスダック総合指数も、22.32ポイント上げて、6,297.38だった。

最終更新:6/8(木) 11:56
ホウドウキョク

Yahoo!ニュースからのお知らせ