ここから本文です

GDP改定値は下方修正

6/8(木) 20:13配信

ホウドウキョク

速報値から下方修正。
内閣府が発表した、1月~3月までのGDP(国内総生産)の改定値は、物価変動の影響を除いた実質で、前の四半期に比べ、0.3%のプラスだった。
このペースが1年続くと仮定した年率換算では、1.0%のプラスで、速報値の2.2%から下方修正された。
5四半期連続のプラス成長は、維持された。
物価変動の影響を反映した、生活の実感に近い「名目GDP」は、前期比0.3%のマイナスで、年率換算では、1.2%のマイナスとなっている。

最終更新:6/8(木) 20:13
ホウドウキョク

Yahoo!ニュースからのお知らせ